ビフィズス菌の余談ですが・・・ 

だんだん歳を重ねるとビフィズス菌が減ってくることは説明させてもらいましたが、

 

余談の話を付け足しますが、(少し汚い話ですが、)

 

歳を重ねると「うんち」も臭くなってくる気がしませんか?

 

それも、ビフィズス菌の善玉菌が減少していることに関係しています。

 

腸内には、善玉菌と悪玉菌が存在します。

悪玉菌が腸内で増えると、腸内環境が悪化してしまい腸内で毒素や有害物質が多く作られてしまいます。

すると、口や皮膚から毒素が排出されて、口臭や体臭の原因になってしまいます。

 

腸内に毒素を作る悪玉菌が優勢にならないように、

善玉菌を増やす生活習慣で腸内環境を整えることをオススメします。

乳酸菌、オリゴ糖、食物繊維を摂ることによって、腸内の善玉菌を増やして、

健康な体つくりをしてみても良いかなと思います!

 

Chiaro Luce 鈴木隆広

 


ビフィズス菌が減少する原因と効果的食べ物!

前回の続きですが・・

 

ビフィズス菌は人間の体内に無くてはならない成分です。

 

しかし、残念ながらその数は様々な理由によって減少してしまいます。

 

 加齢

生後1週間の母乳を飲む赤ちゃんでは腸内の約95%をビフィズス菌が占めるといわれています。

しかし、幼少期〜成人期になると一気にその数は減少し、10%となります。

さらには高齢期を迎えると腸内細菌の約1%しかビフィズス菌は存在しなくなります。       

 

 ストレス                   
ストレスによってもビフィズス菌の数は減少してしまいます。

ストレスで胃腸の調子を崩す人がいらっしゃいますが、

それもビフィズス菌の数が減り、腸内環境が悪化したことが原因とみられます。

 

 生活習慣

毎日の生活習慣もビフィズス菌の数に大きく影響します。

食物繊維はビフィズス菌にとって欠かせない成分であり、

食物繊維の摂取が少ないとビフィズス菌を含む善玉菌が減ってしまいます。

 

また、運動不足も腸内環境を悪化させてしまいます。
運動不足になると腹筋が弱り、腸の働きも悪くなってしまいます。

その結果、便秘になり腸内に悪玉菌が増え、そしてビフィズス菌が減少してしまうのです。

 

これらの原因から、ビフィズス菌を加齢になるにつれて、出来るだけ毎日とることが健康に良いと思います!

ヨーグルト、サプリなどがありますが、漬物も効果的に、ビフィズス菌を生きたまま腸にまで届くのでオススメです!

 

Chiaro Luce 鈴木 隆広

 

 


乳酸菌とビフィズス菌の違い

最近暑くて、食欲がなく、お腹の調子がすぐれない方はいませんか?

 

突然ですが、

「乳酸菌とビフィズス菌の違い」とは何でしょう?

「ヨーグルトや発酵食品に入ってる体にイイ菌」だと、
どちらも同じように認識されていると思います。


が、しかし!
乳酸菌とビフィズス菌は、実は別モノ

(知っている方もいるとは思いますが・・)

 

乳酸菌もビフィズス菌も腸内に存在して
健康をサポートする「善玉菌」
そこまでは同じですが、
実際には、異なる性質を持っているのです。

 

乳酸菌
主に小腸に生息。
乳酸を作り出す善玉菌で、乳製品・発酵食品や
自然界にも広く生息する。

 

ビフィズス菌
主に大腸に生息。
乳酸菌と同じく乳酸を作るが、加えて大腸環境に
重要な「酢酸 (さくさん) 」を作り出す
性質を持つ。

 

大腸内の善玉菌の内、
ビフィズス菌の占める割合がなんと 約99.9パーセント!
※乳酸菌は約1億〜1000億個  ビフィズス菌は約1兆〜10兆個!

私たちの大腸の中で働く善玉菌は、
ほとんどがビフィズス菌なのです。

大腸の状態は、カラダの健康状態に大きく影響します。

健康や美容に与える影響は、
乳酸菌よりもビフィズス菌の方が大きい
と言えると思います。

ヨーグルトはもちろん、サプリなどで摂取するのが効果的だと思います!!

 

Chiaro Luce 鈴木 隆広

 


<< | 2/13PAGES | >>