乳酸菌とビフィズス菌の違い

最近暑くて、食欲がなく、お腹の調子がすぐれない方はいませんか?

 

突然ですが、

「乳酸菌とビフィズス菌の違い」とは何でしょう?

「ヨーグルトや発酵食品に入ってる体にイイ菌」だと、
どちらも同じように認識されていると思います。


が、しかし!
乳酸菌とビフィズス菌は、実は別モノ

(知っている方もいるとは思いますが・・)

 

乳酸菌もビフィズス菌も腸内に存在して
健康をサポートする「善玉菌」
そこまでは同じですが、
実際には、異なる性質を持っているのです。

 

乳酸菌
主に小腸に生息。
乳酸を作り出す善玉菌で、乳製品・発酵食品や
自然界にも広く生息する。

 

ビフィズス菌
主に大腸に生息。
乳酸菌と同じく乳酸を作るが、加えて大腸環境に
重要な「酢酸 (さくさん) 」を作り出す
性質を持つ。

 

大腸内の善玉菌の内、
ビフィズス菌の占める割合がなんと 約99.9パーセント!
※乳酸菌は約1億〜1000億個  ビフィズス菌は約1兆〜10兆個!

私たちの大腸の中で働く善玉菌は、
ほとんどがビフィズス菌なのです。

大腸の状態は、カラダの健康状態に大きく影響します。

健康や美容に与える影響は、
乳酸菌よりもビフィズス菌の方が大きい
と言えると思います。

ヨーグルトはもちろん、サプリなどで摂取するのが効果的だと思います!!

 

Chiaro Luce 鈴木 隆広

 


コメント
コメントする